林原美術館所蔵

大名家の能装束と能面 

2018年10月6日(土)~2018年11月25日(日)
October 6, 2018-November 25, 2018

《白地流水草花模様縫箔》(重要文化財) 桃山時代 林原美術館所蔵

 室町時代に成立した能は、江戸時代に幕府の儀式として演じられるようになり、さらに武家のたしなみとして、演能に励む大名も多くいました。岡山藩主池田家は二代藩主綱政の代になり能楽が盛んになりました。舞に使われる能装束は、織や摺箔などの技法により、華やかに舞台を引き立てます。本展覧会では、岡山県の林原美術館が所蔵する、池田家伝来の大名能装束と能面を紹介します。「池田様(よう)」と呼ばれた繊細で優美、彩り豊かな能装束の世界をご堪能ください。

展覧会情報

会期 2018年10月6日(土)~2018年11月25日(日)
October 6, 2018-November 25, 2018
会期中一部展示替えあり