テノ詩聲ウタゴエ

詩人 吉増剛造展

The Echoes from the Abyss: The Poems of Gozo Yoshimasu exhibition

2018年8月11日(土・祝)~2018年9月24日(月・休)
August 11, 2018-September 24, 2018
※会期中一部展示替えあり

作家近影 2017 年 撮影:中野愛子

吉増剛造(1939~)は、1960年代から現在にいたるまで、日本の現代詩をリードし続けてきました。その活動は、詩をはじめとすることばの領域にとどまらず、写真や映像、造形など多岐に広がり、私たちを魅了し続けています。
常にことばの限界を押し広げてきた吉増の詩は、日本各地、世界各国をめぐり、古今東西、有名無名の人々との交感を重ねる中で綴られてきました。本展では、半世紀以上におよぶ活動の中から、各時代の代表的な詩集を柱とし、詩や写真をはじめとする吉増の作品群に加えて、吉増が言及してきた吉本隆明、西脇順三郎、瀧口修造、萩原朔太郎といった関連するさまざまな表現者の作品や資料をともに展示します。

報道関係者様用> テノ詩聲ウタゴエ 詩人 吉増剛造展」プレスリリース

「吉増剛造展」こどものためのガイドブック
「吉増剛造展」では、展示に親しめるように、「こどものためのガイド」を作成しています。来館した子どもたちは、美術館でこどもガイドがもらえます。ガイドと一緒にぜひ「吉増剛造展」を楽しんでください。
こちらからダウンロードもできます⇒「こどものためのガイド」
大人の方もぜひ使ってみてください!

展覧会情報

会期 2018年8月11日(土・祝)~2018年9月24日(月・休)
August 11, 2018-September 24, 2018
※会期中一部展示替えあり
入館料一般500(400)円、大学生400(320)円、
高校生・60歳以上250(200)円、小中学生100(80)円
 ※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
 ※土・日曜日、祝休日及び夏休み期間は小中学生無料
 ※毎週金曜日は渋谷区民無料
 ※障がい者及び付添の方1名は無料
休館日8月13日(月)、20日(月)、27日(月)、9月3日(月)、10日(月)、18日(火)
主  催:渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協  賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、
     日本テレビ放送網