テノ詩聲ウタゴエ

詩人 吉増剛造展

The Echoes from the Abyss: The Poems of Gozo Yoshimasu exhibition

2018年8月11日(土・祝)~2018年9月24日(月・休)
August 11, 2018-September 24, 2018
※会期中一部展示替えあり

作家近影 2017 年 撮影:中野愛子

吉増剛造《『怪物君』原稿》2015年頃 作家蔵

中西夏之《コンパクト・オブジェ》1962年 足利市立美術館蔵

吉増剛造《多重露光写真》1980-2000年代 作家蔵

吉増剛造《銅板打刻作品》1990-2000年代 作家蔵

吉増剛造《火ノ刺繍》2017年 作家蔵

与謝蕪村《山水図》1782年 絹本着色 個人蔵

吉増剛造(1939~)は、1960年代から現在にいたるまで、日本の現代詩をリードし続けてきました。その活動は、詩をはじめとすることばの領域にとどまらず、写真や映像、造形など多岐に広がり、私たちを魅了し続けています。
常にことばの限界を押し広げてきた吉増の詩は、日本各地、世界各国をめぐり、古今東西、有名無名の人々との交感を重ねる中で綴られてきました。本展では、半世紀以上におよぶ活動の中から、各時代の代表的な詩集を柱とし、詩や写真をはじめとする吉増の作品群に加えて、関連するさまざまな表現者の作品や資料をともに展示します。

報道関係者様用 テノ詩聲ウタゴエ 詩人 吉増剛造展」プレスリリース

展覧会情報

会期 2018年8月11日(土・祝)~2018年9月24日(月・休)
August 11, 2018-September 24, 2018
※会期中一部展示替えあり
入館料一般500(400)円、大学生400(320)円、
高校生・60歳以上250(200)円、小中学生100(80)円
 ※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
 ※土・日曜日、祝休日及び夏休み期間は小中学生無料
 ※毎週金曜日は渋谷区民無料
 ※障がい者及び付添の方1名は無料
休館日8月13日(月)、20日(月)、27日(月)、9月3日(月)、10日(月)、18日(火)
主  催:渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協  賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、
     日本テレビ放送網

イベント情報

■ ワークショップ 「声の力」

朗読やトークを通じて、「声」や「ことば」の持つ力を体験します。
8月26日(日) 午後2時~
 
講師:吉増剛造氏(詩人)、山根基世氏(フリーアナウンサー)
*無料(要入館料)
*定員30名(応募多数の場合は抽選)
*対象年齢は小学生以上(小・中学生は保護者同伴可)
*往復はがきによる事前申込、締切は8月15日(水)必着
〒・住所・氏名・年齢・日中連絡可能な電話番号・参加希望人数・保護者同伴の場合は保護者氏名をご記入の上、松濤美術館「声の力」係まで
1枚のはがきで2名まで申込可能

■吉増剛造氏(詩人)&大友良英氏(ギタリスト)によるコラボレーション

9月1日(土) 午後2時~(開場:午後1時30分)
*無料(要入館料)
*定員80名(多数応募の場合は抽選)
*往復はがきによる事前申込、締切は8月17日(金)必着
〒・住所・氏名・年齢・日中連絡可能な電話番号・参加希望人数をご記入の上、松濤美術館「声の力」係まで1枚のはがきで2名まで申込可能

◆ 記念対談 ◆ 吉増剛造 氏(詩人) × 岡野弘彦 氏(歌人)対談

9月8日(土) 午後2時~(約1時間30分)
*無料(要入館料)
*定員80名
*午後1時から地下2階にて整理券を配布します

■ 学芸員によるギャラリートーク

8月25日(土)、31日(金)、9月16日(日)
午後2時~(約40分)

*無料(要入館料)
*事前予約の必要はありません

■ 館内建築ツアー

日 時:8月17日(金)、24日(金)、31日(金)、9月7日(金)、14日(金)、21日(金)
午後6時~(約30分)

白井晟一建築の美術館建築を館員がご案内します。
*無料(要入館料)
*各回定員20名

イベント一覧