三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館

Atsuhiko Misawa’s Animal House: House of Enigmas

2017年10月7日(土)〜11月26日(日)
October 7 - November 26, 2017

三沢厚彦、舟越桂、小林正人、杉戸洋、浅田政志 with Animals / 2017 Photographs by Masashi Asada

Animal 2016-01/撮影:渡邉郁弘 Ikuhiro Watanabe

Animal 2004-04/撮影:内田芳孝 Yoshitaka Uchida

Bird 2013-01/撮影:加藤健 Ken Kato

Animal 2006-08/撮影:内田芳孝  西村画廊蔵

Animal 2005-01/撮影:内田芳孝

Cat 2010-05/撮影:永野雅子 Masako Nagano/樟、油彩 camphor wood and oil/photo © Misawa Atsuhiko, Courtesy of Nishimura Gallery

三沢厚彦(1961~)は、現代日本を代表する彫刻家のひとりです。鑿や刀を使用する木彫という伝統的な技法によって、樟(クスノキ)の丸太から彫りだされ、油絵具で彩色されたその実物大の動物たち「ANIMALS」。それは、まさしく「anima(魂)」が吹きこまれたかのごとく、なまなましい生命感を漂わせています。
そんなアニマルズたちが今度出現するのは、白井晟一設計による特徴的な建築で知られる渋谷区立松濤美術館です。アニマルズたちは、周囲の空気を振動させるような強い存在感を放ちながら、館内に居場所を見つけ、その建築空間と新たなる関係性をむすんでいきます。
ここを「アニマルハウス 謎の館」と称して、彼らの創造主である三沢も、館の主人として、会期中、館内に居場所を構え、制作したり、展示したりする予定です。さらに親交の深い、注目の作家たち―彫刻家・舟越桂、画家の小林正人杉戸洋(ひろし)、写真家の浅田政志―を館の中へと招き入れていきます。作家たち、またその作品たち同士の交歓と共鳴によって今後巻き起こる出来事にもご注目ください。

報道関係者様用→「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」プレスリリース

★★★★★
ぼくは動物を等身の大きさでつくってます。素材は樟。鑿と彫刻刀を使って彫り込み、着彩する。そんな風に「Animals」はできます。
この度、渋谷区立松濤美術館で展覧会を開催することになった。独自性に富んだ空間を内包した豪華な私邸のようなその建物は、通常の展示ロジックでは攻略できない濃度があり、妙にわくわくした。これは面白いことができそうだ!訪れた時に、まずタイトルだけ思いついた。アニマルハウス。大好きなアメリカのコメディ映画、アニマルハウスと呼ばれる学生寮に住む、怪人、変人(アニマルみたいな奴等)が繰り広げる物語からとったものだ。
すると、おのずと方向性が見えてきた。ぼくが住人兼主人になって、お客さんを迎えるのはどうか?それで以前から、なにか一緒にやりたいね、って話していた、画家の小林正人さんに声をかけたら、面白そうだね、やろうよ、と。そして小林さんが杉戸はいいぞ、って画家の杉戸洋さんを連れて来てくれた。ぼくは先輩彫刻家の舟越桂さんにお声がけし、へ~、面白そうじゃない、三沢がきめたことだし、いいと思うよ、というありがたいお言葉をいただいた。
どんな展覧会になるんだろう?想像がつかない。白井晟一の設計した館のなかで行われる謎の展覧会。そうか、謎の館。会期中も通して動いていく、展覧会。
そんな展覧会のポスターは、美術館の前でみんなで記念撮影するのが、謎の館らしくいいと思った。誰に撮ってもらおうか?あ、いい写真家がいた、浅田政志さん。そして浅田さんも客人に加わった。
彫刻家と画家と写真家、5人が集まった。僕自身の思いでもあるが、「彫刻と絵画、その間とその先は」というべきものが、館の中で示唆されるべき出来ごととして起こればいいな、と願うのである。両者が個々として存在し、そして溶け合い、次なる瞬間、今までとは全く違う見えかたをする。「アニマルハウス」はそんな体験の出来る場になればいいと思う。なんといっても「謎の館」なのであるから。
しかし、本当のところどうなるのであろうか…。(三沢厚彦)

展覧会情報

会期 2017年10月7日(土)〜11月26日(日)
October 7 - November 26, 2017
入館料一般500円(400円)、大学生400円(320円)、
高校生・60歳以上250円(200円)、小中学生100円(80円)
 ※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
 ※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
 ※毎週金曜日は渋谷区民無料
 ※障がい者及び付添の方1名は無料
休館日10月10日(火)、16日(月)、23日(月)、30日(月)、11月6日(月)、13日(月)、20日(月)
主催   渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛   ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、
     日本テレビ放送網
協力   西村画廊、シュウゴアーツ、小山登美夫ギャラリー
*なお、本展は制作にあたり山口製材株式会社、クレサンジャパン株式会社より材料提供のご協力をいただいております。

イベント情報

謎の館展 作家集合トーク

10月 7日(土)作家集合トーク 「アニマルハウス(1)」
10月28日(土)作家集合トーク 「アニマルハウス(2)」
11月25日(土)作家集合トーク 「アニマルハウス(3)」
時間:午後2時~3時 
場所:2階展示室
出演:三沢厚彦ほか、舟越桂・小林正人・杉戸洋・浅田政志
(回により構成メンバーは異なります。最終決定メンバーおよびイベント内容はHP等で告知します)
※要入館料 ※事前予約の必要はありません。

三沢厚彦×舟越桂 公開制作 粘土で首像をつくる

2人の作家がそのとき展示室にいる方をモデルに、粘土で首像の公開制作をおこないます。

10月21日(土)および11月18日(土)
時間:午後3時~4時
場所:2階展示室
※要入館料 ※事前予約の必要はありません。

三沢厚彦×小林正人×杉戸洋×舟越桂 公開制作  および HORA AUDIOスピーカーMONOで音楽をきく

4人の作家もしくはそのいずれかが展示室で公開制作を行い、即興で音楽を流したりトークもおこないます。

会期中の土・日曜日 午後3時~4時頃
場所:2階展示室

(回により構成メンバーは異なります。最終決定メンバーはHP等で告知します)
※要入館料 ※事前予約の必要はありません。

謎の館展 浅田政志 公開撮影

Animalsや公開制作中の作家たちを撮影する様子をご覧になれます。

日時:10月7日(土) 午後3時~4時 
場所:全館

※要入館料 ※事前予約の必要はありません。

謎の館展 学芸員によるギャラリートーク

日時:10月20日(金)、11月11日(土)、19日(日) 各回午後2時~
場所:1階ロビーに集合
※要入館料 ※事前予約の必要はありません。

金曜夕べの館内建築ツアー

日時:10月13日(金)、20日(金)、27日(金)、11月3日(金・祝)、10日(金)、17日(金)、24日(金)各回午後6時~(30分程度)
場所:1階ロビーに集合
※要入館料 ※事前予約の必要はありません。

謎の館展 作家によるワークショップ 2種

①10月15日(日)浅田政志による写真撮影ワークショップ
※松濤美術館を舞台に、ひと味ちがう肖像写真をとるコツを教わります(要デジタルカメラ持参)。

②11月3日(金・祝日)および4日(土) 三沢厚彦による木彫ワークショップ
※香り高い樟の板材を彫り込んでレリーフ作品をつくります。

材料費:どちらのワークショップとも1,000円、別途入館料    
定員:各15名(応募多数の場合は抽選) ※高校生以上対象
時間:午前11時~午後5時 ※3日間とも
(②の場合、2日間の参加が必要になります)
場所:地下2階ホール

申込方法:往復はがきに、希望のワークショップ名・〒・住所・氏名・年齢・日中連絡のつく電話番号を明記の上、松濤美術館「ワークショップ」係まで。
宛先〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14)
1枚のはがきで、1名の申込が可能です。 
①は10月10日(火)必着、②は10月24日(火)必着。

イベント一覧