『今様』

―昔と今をつなぐ

2017年4月5日(水)〜5月21日(日)

山本太郎「隅田川 桜川」2010年、個人蔵       ©Taro YAMAMOTO, courtesy of imura art gallery

石井亨「競争社会」2014年、作家蔵

木村了子「九谷の王子さまー白椿王子」2013年、作家蔵           撮影:池田ひらく     © KIMURA Ryoko, Courtesy the artist

染谷聡「森の中の森」2016年、作家蔵        撮影: Takeru KORODA ⓒSatoshi SOMEYA, courtesy of imura art gallery

棚田康司「12の現れた少女たちNo.5」2016年、作家蔵            撮影:宮島径      ⓒTANADA Koji, Courtesy Mizuma Art Gallery

満田晴穂「円寂」2013年、作家蔵

 『今様(いまよう)』とは、「当世風」「現代的スタイル」といった意味で広く使われてきた言葉です。本展ではこの言葉をキーワードに、伝統技法に接点を持つ6名の現代アーティスト(石井亨、木村了子、染谷聡、棚田康司、満田晴穂、山本太郎)を取り上げ、古くからの美術・工芸品から、彼らが何を受け継ぎ自身の表現として変容させているのかを探ります。今回、現代作品約40件に加え、作品との関連性をより理解していただけるよう、イメージの元となった古美術作品約10件も展示し、昔と今をつなぐ作品の共演もお楽しみいただきます。

展覧会情報

会期 2017年4月5日(水)〜5月21日(日)
入館料一般500円(400円)、大学生400円(320円)、
高校生・60歳以上250円(200円)、小中学生100円(80円)
 ※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
 ※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
 ※毎週金曜日は渋谷区民無料
 ※障がい者及び付添の方1名は無料
休館日4月10日(月)、17日(月)、24日(月)、5月8日(月)、15日(月)
主催   渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛   ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、
     日本テレビ放送網

〈前期〉4月5日(水)~4月23日(日)
〈後期〉4月25日(火)~5月21日(日) 
  ※会期中、古美術作品に一部展示替えがあります。

イベント情報

講演会「海外から見た日本の現代アートと伝統美術の交流」

4月8日(土) 午後2時~
ジョン・ショスタック氏
(本展監修者、ハワイ大学マノア校日本美術史准教授)
*要入館料 *定員80名 *事前予約の必要はありません。
*直接、地下2階ホールへお越しください。
*日本語での講演です。

出品作家によるアーティストトーク

4月16日(日) 午後2時~
木村了子氏、山本太郎氏
4月29日(土・祝) 午後2時~
木村了子氏、棚田康司氏、満田晴穂氏
*対談および鼎談形式のトークです。
*要入館料 *各回定員40名
*事前予約の必要はありません。

ワークショップ 「漆絵あそび―菓子皿に図案をあしらう―」

5月6日(土)午前10時15分~、午後2時30分~
染谷聡氏(本展出品作家、漆芸家)によるワークショップ。
漆の菓子皿に漆で絵付けをしましょう。*要入館料、別途材料費 2,000円
*定員各回15名(応募者多数の場合は抽選)
*所要時間2時間30分程度
*ゴム手袋をご用意いたしますが、人によってはかぶれる場合
があることをご了承ください。
*往復はがきによる事前申し込みが必要です。
①郵便番号・住所 ②氏名(ふりがな) ③年齢 ④電話番号を明記し、下記宛先までご郵送ください。
(1通につき1名まで。複数の応募は不可)
4月21日(金)必着
宛先:〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14
    渋谷区立松濤美術館 漆絵あそび係

当館学芸員によるギャラリートーク

4月22日(土)、5月3日(水・祝)、5月12日(金)
各日午後2時~
*要入館料 *事前予約の必要はありません。

館内建築ツアー

4月7日(金)、14日(金)、21日(金)、28日(金)、
5月5日(金・祝)、12日(金)、19日(金)
各日午後6時~6時30分
*要入館料 *各回定員20名 *事前予約の必要はありません。

イベント一覧