セラミックス・ジャパン

陶磁器でたどる日本のモダン Ceramics Japan:Tracing Japanese Modern through Ceramics

2016年12月13日(火)〜2017年1月29日(日)

《新製マジョリカ額皿》東京高等工業学校窯業科/板谷波山 1905(明治38)年 東京工業大学博物館蔵

《上絵金彩獅子鈕付壺》 新村留蔵 19世紀後期(明治時代前期) 個人蔵

《菊文様皿》 図案:浅井忠/制作:清水六兵衛(四代) 1907(明治40)年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館蔵(AN.5461)

《タイル》 淡陶株式会社、佐治タイル、佐藤化粧煉瓦他 20世紀前期(明治時代末期~昭和時代初期) 個人蔵

《陶試紅銀彩碗皿》 香蘭社 1941-43年頃(昭和10年代後半) 日本陶業連盟蔵

ジャポニスムで迎えられた近代日本の陶磁器は、世界に誇る品質とデザインでした。各製陶所や試験場での新展開により万博などで好評を博するとともに、和洋食器、建築タイルや照明器具などに新感覚が息づく一方で、板谷波山らの豊かな個性が開花していきました。技術革新と新しいデザイン手法を獲得し、量産製品の世界的流通に至る、創意とエネルギーにあふれた近代日本陶磁器づくりを見ることのできる初めての機会です。

展覧会情報

会期 2016年12月13日(火)〜2017年1月29日(日)
入館料一般500円(400円)、大学生400円(320円)、
高校生・60歳以上250円(200円)、小中学生100円(80円)
※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料です。
※障がい者とその付添の方各1名は無料です。入館の際に障がい者手帳等をご提示ください。
※金曜日に入館される渋谷区民の方は無料です。入館の際に住所のわかるものをご提示ください。
※土・日曜日、休日、小中学生は無料です。
休館日12月19日(月)、26日(月)、29日(木)~2017年1月3日(火)、10日(火)、16日(月)、23日(月)
 〈前期〉12月13日(火)~1月9日(月・祝)
 〈後期〉1月11日(水)~1月29日(日) 
  ※会期中、一部展示替えがあります。

イベント情報

当館学芸員によるギャラリートーク

12月16日(金)、1月8日(日)、22日(日)
各回午後2時~
*要入館料 *事前予約の必要はありません。

館内建築ツアー

12月16日(金)、23日(金・祝)、1月6日(金)、13日(金)、20日(金)、27日(金)
 各日午後6時~6時30分
12月17日(土)  午後4時~4時30分
*要入館料 *各回定員20名 *事前予約の必要はありません。

イベント一覧

展覧会図録

展覧会図録

A4変形判 182×297mm
総ページ数:203ページ
カラー図版:157ページ

目次
ごあいさつ
陶磁器はいかにデザインされたか —伝統から創造へ 森仁史
図版
I 近代化の歩み
II 産地の動向
印銘
III 発展・展開
コラム1 資生堂のデザイン活動
コラム2 “マルギ製品”と“日本趣味応用化” 宮田昌俊
IV 終章
コラム3 統制品と子供茶碗 立花 昭
窯業試験機関および窯業学校所在図
近代の美濃における陶磁器デザイン 立花 昭
近代洋画と陶画(素書画付)の狭間で 宮田昌俊
年表
参考文献
作品リスト
参考図版リスト
謝辞
写真クレジット

価格:1700円

購入する