東京都渋谷区松濤の住宅街にある白井晟一設計の美術館。

渋谷区立松濤美術館

HOME 利用案内 展覧会・イベント 教育プログラム ニューズレター 刊行物 所蔵作品 美術館について 財団について
*
* 開催中の展覧会
* 次回の展覧会
* 2015年度開催予定の展覧会
* 開館日カレンダー
* 過去の展覧会一覧
* 2014年度
* 2013年度
* 2012年度
* 2011年度
* 2010年度
* 2009年度
* 2008年度
* 2007年度
* 2006年度
* 2005年度
* 2004年度
* 2003年度
* 2002年度
* 2001年度
* 2000年度
* 1999年度
* 1998年度
* 1997年度
* 1996年度
* 1995年度
* 1994年度
* 1993年度
* 1992年度
* 1991年度
* 1990年度
* 1989年度
* 1988年度
* 1987年度
* 1986年度
* 1985年度
* 1984年度
* 1983年度
* 1982年度
* 1981年度
*
*

開催中の展覧会

*

人間の最も古い忠実なる友・人間の最も古くからの友
いぬ・犬・イヌ 
↑展覧会名をクリックしていただくとプレスリリースがご覧いただけます。
会期:2015年4月7日(火)~5月24日(日)
会期中一部展示替えがあります。

岡田菊惠 画業60年のあゆみ―色彩と空間
国井応分、望月玉和泉 合筆 ≪花卉鳥獣図巻(部分)≫
制作年不詳 京都国立博物館蔵 展示期間:4月7日(火)~4月26日(日)
渋谷というと、誰もが思い起こすのは忠犬ハチ公の像です。イヌは、主人に誠実な性質から、「人間の最良の友」と称され、最も人に親しまれてる動物と言ってよいでしょう。日本の犬の歴史を顧みると、古く縄文時代から狩猟のために飼われたといわれ、家畜の中では最も人間との関係が古い動物です。古墳時代には埴輪が象られ、中世の絵巻物をひもとくならば、様々な場面にイヌが描かれ、近世では、俵屋宗達・円山応挙などが可愛い仔犬を得意の題材とし、美人画では狆(ちん)などが脇役として登場します。
また江戸期には西洋渡来の洋犬の堂々とした姿が、博物学的興味・風俗的興味から画題として盛んに描かれています。近代以後もイヌは多くの洋画家や日本画家、彫刻家たちに題材として取り上げられてきました。

本展では、埴輪に始まり、近世・近代、そして現代の画家や彫刻家により描かれ象られてきた作品約90点を陳列し、犬と人との関わりの歴史を顧みるとともに、その愛くるしい姿をめでたいと思います。

本展の展示リストはこちら

主催 渋谷区立松濤美術館、読売新聞社
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日は午後7時(入館は午後6時30分まで)
休館日 4月13日(月)、20日(月)、27日(月)、
5月7日(木)、11日(月)、18日(月)
入館料 入館料:一般1,000円(800円) 大学生800円(640円) 高校生・60歳以上500円(400円) 小中学生100円(80円)
※( )内は団体10名以上。
※毎週金曜日、渋谷区民は無料。(在住がわかる書類をお持ちください)
※土・日曜日、祝・休日、夏休み期間は、小中学生無料。
※障がいのある方(付添の方1名)は無料
【タイトル】Twilight
皆さんの愛すべき、わんちゃんの写真を松濤美術館に飾りませんか?
大好評! ポチ割

会期中、皆さんがご自分で撮影された犬の写真を入口にお持ちいただくと、その日の入館料を2割引きにさせていただきます!
※紙にプリントされ、すぐ飾れる状態のお写真に限ります。
※会期中、お一人一回限り。お一人1枚必要となります。
※他の割引との併用はできません。
※会期終了後、写真につきましては当館で処分させていただきます。
順次展示替えがございます。展示スペースが限られておりますので、L判以下のサイズでお願いします。
 

【タイトル】Twilight
お絵かきボード、はじめました大好評!

お父さん、お母さんには懐かしい砂鉄のお絵かきボードの貸し出しを始めました。
お子様との楽しい美術館鑑賞にぜひご活用ください。
ご利用希望の方は1F受付でお申しつけください。
※貸し出しは入館当日のみ、館内でのご利用をお願いします。
※数に限りがありますので、お待ちいただく場合がございます。
*

次回の展覧会

*

中国宮廷の女性たち 
麗しき(うるわしき)日々への想い
-北京藝術博物館所蔵名品展-
 会期:6月9日(火)~7月26日(日)
↑展覧会名をクリックしていただくと、プレスリリースがご覧いただけます。

北京藝術博物館は北京市内の古刹万寿寺内にある博物館で、1994年に開館しました。収蔵品は、原始時代から明・清までの各種文物8万件に及びます。特に清朝宮廷で用いられた服飾品、繍画や壁掛など観賞用の染織作品に優品があり、さらに清朝宮廷の女性たちが用いた種々の腕輪や首飾など女性用宝飾品は質量ともに充実しています。
本展では、北京藝術博物館の全面的な協力のもとに、所蔵品の中から、染織・金工・陶磁器・琺瑯(ほうろう)など各種の工芸品、清末の著名な皇后である西太后の書画作品などを陳列し、明清時代の宮廷女性の衣食住、そして趣味の生活など様々な分野での華麗な生活を顧み、中国宮廷の女性たちの華やかな生活の一端にふれていただきたく思います。

主催 渋谷区立松濤美術館、中国文物交流中心、北京藝術博物館
後援 中華人民共和国駐日本国大使館
企画協力 アサヒワールド
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日は午後7時(入館は午後6時30分まで)
休館日 6月15日(月)、22日(月)、29日(月)、
7月6日(月)、13日(月)、21日(火)
入館料 入館料:一般500円(400円) 大学生400円(320円) 高校生・60歳以上250円(200円) 小中学生100円(80円)
※( )内は団体10名以上。
※毎週金曜日、渋谷区民は無料。(在住がわかる書類をお持ちください)
※土・日曜日、祝・休日、夏休み期間は、小中学生無料。
※障がいのある方(付添の方1名)は無料
講演会
6月13日(土)午後2時~
加藤 徹氏(明治大学 大学院教養デザイン研究科教授)
「美と権力 西太后の残したもの」
定員:80名(先着順) 参加料:無料(要入館料)

【タイトル】Twilight
ピアノコンサート 開催決定 NEW!

ベルリンなどを中心に世界で活躍するピアニスト川添亜希さんのピアノコンサートです。事前申込のお客様は、当日参加料のみで開催中の北京藝術博物館名品展もご鑑賞いただけます。
日時:2015年6月20日(土)
午後3時30分~午後5時(休憩含む)
出演者:川添亜希(ピアニスト)
演奏曲(予定):メフィスト・ワルツ第1番 S.514(リスト)、24の前奏曲 作品28(ショパン)他

参加費:500円(入館料含む)
会場:地下2階ホール
定員:80名
(応募多数の場合は抽選。当日午後3時~開場)
申込方法:往復ハガキに①〒・住所②氏名③年齢④日中連絡の取れる電話番号、⑤希望参加人数(1通で4名まで)を明記の上、松濤美術館まで。
応募期間:5月1日(金)~5月29日(金)締切(消印有効)

他、二胡コンサートの予定しています。決定次第、ホームページ内で募集します。
担当学芸員による
ギャラリートーク

6月20日(土)、7月4日(土)、10日(金)
各日午後2時~
参加費無料(要入館料)
館内建築ツアー 6月19日(金)、7月3日(金)午後6時~6時30分頃
参加無料(要入館券)
雨天の場合、見学する場所が変わります。
当日1Fロビーにお集まり下さい。
*

2015年度 開催予定の展覧会

*

スサノヲの到来 いのち、いかり、いのり  会期:8月8日(土)~9月21日(月・祝)
会期中一部展示替えがあります。 
2014年 美連協大賞(美術館表彰) に決定!

 日本神話に登場するスサノヲは、大地を揺るがし草木を枯らす荒ぶる魂と、和歌の始祖としての繊細な美意識を備えた存在です。この両面を持つスサノヲの姿を、古美術品・歴史資料でたどり、さらには、「破壊と再生」というスサノヲの象徴性に触発されて制作された現代の作品も展示し、時代を超えたスサノヲの影響を見ていきます。
*

古代エジプト美術の世界 魔術と神秘 スイス、ジュネーヴ、ガンドゥール美術財団
会期:10月6日(火)~11月23日(月・祝)

 エジプト原始王朝からプトレマイオス朝まで、約300年にわたって栄えた古代エジプトの美術品や彫像、ヒエログリフの刻まれた石碑、レリーフ、宝飾品など約150点で構成します。これらは世界屈指の古代エジプト美術コレクションであるスイスのガンドゥール美術財団の所蔵品で、全て日本初公開です。
*

石黒宗麿展(仮)会期:12月8日(火)~2016年1月31日(日)

  陶芸界で最初の人間国宝に指定された石黒宗麿は、特定の師を持たず、中国・日本・朝鮮・ペルシャなどの古器に学び、独創的な陶芸の世界を築きました。本展では、様々な技法を駆使した陶磁器約120点、書画約20点により、その近代性を顧みます。
*

2016 松濤美術館公募展 会期:2016年2月14日(日)~2月28日(日)

 渋谷区在住・在勤・在学の方が製作した平面作品を公募し、その中から入選した作品約90点を展示いたします。
*

第34回渋谷区小中学生絵画展 会期:2016年3月5日(土)~3月21日(月・祝)

 渋谷区内の小中学生が授業などで製作した水彩・クレヨン・版画など約200点を展示いたします。
 公募展、小中展開催中には、同時に2階展示室でもサロン展を開催いたします。
 この期間は両展とも入館無料です。 
*

2015年度 開館日カレンダー

開館日:●
4月
         1
         × × × ×
10 11
× ×
12 13 14 15 16 17 18
×
19 20 21 22 23 24 25
×
26 27 28 29 30        
×  ●    ●   ●        
5月
              
              
×
10 11 12 13 14 15 16
×
17 18 19
20 21 22 23
×
24/31 25 26 27  28 29 30
●/× × × ×  ×    ×    ×  
6月
  
    ×    ×   ×   ×   ×   ×
10 11 12 13
× ×
14 15 16 17 18 19 20
×
21 22 23 24 25 26 27
×
28 29  30              
×  ●              
7月
        
        
10 11
×
12 13 14 15 16 17 18
×
19 20 21 22 23 24 25
×
26 27 28  29  30 31     
× ×            
8月
                 
                  ×
× × × × × ×
10 11 12 13 14 15
×
16 17 18 19 20 21 22
×
23/30

24/31 25 26 27 28  29
× ●  
9月
       1  2  3
       ●    ●   ●   ●  
10 11 12
×
13 14 15 16 17 18 19
×
20 21 22 23 24 25 26
× × × × ×
27 28 29  30           
× × ×            
10月
           
            × × ×
10
× ×
11 12 13 14 15 16 17
×
18 19 20 21 22 23 24
×
25 26 27 28  29   30 31  
×  ●    ●    ●  
11月
 1    2    3    4    5    6    7
   ×    ●   ×    ●    ●  
 8  9 10 11 12 13 14
×
15 16 17 18 19 20 21
×
22 23 24 25 26 27 28
 ● × × × × ×
29 30               
× ×               
12月
       1  2  3
       ×    ×    ×   ×   ×
10 11 12
× ×
13 14 15 16 17 18 19
×
20 21 22 23 24 25 26
× ×
27 28 29 30 31        
× × × ×        
2016年1月
              
               × ×
× ×
10 11 12 13 14 15 16
×
17 18 19 20 21 22 23
×
24/31 25 26 27  28 29 30
×  ●    ●   ●  
2月
    1  2   3  4  5  6
    ×    ×    ×    ×    ×   ×
10 11 12 13
× × × × × × ×
14 15 16 17 18 19 20
×
21 22 23 24 25 26 27
×
28 29               
×               
3月
       1  2  3
       ×    ×    ×   ×  
10 11 12
×
13 14 15 16 17 18 19
×
20 21 22 23 24 25 26
× × × × ×
27 28 29 30 31        
× × × × ×        
このページのトップへ
HOME ご利用案内 展覧会・イベント 教育普及プログラム ニューズレター 刊行物 所蔵作品 美術館について 財団について 事業記録 リンク

渋谷区立松濤美術館 〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14 TEL : 03-3465-9421   FAX : 03-3460-6366

Copyright2010(C)THE SHOTO MUSEUM OF ART. All rights reserved.