東京都渋谷区松濤の住宅街にある白井晟一設計の美術館。

渋谷区立松濤美術館

HOME 利用案内 展覧会・イベント 教育プログラム ニューズレター 刊行物 所蔵作品 美術館について 財団について
*
* 26年度の展覧会
* 開催中の展覧会
* 予定されている展覧会
* 開館日カレンダー
* 過去の展覧会一覧
* 2014年度
* 2013年度
* 2012年度
* 2011年度
* 2010年度
* 2009年度
* 2008年度
* 2007年度
* 2006年度
* 2005年度
* 2004年度
* 2003年度
* 2002年度
* 2001年度
* 2000年度
* 1999年度
* 1998年度
* 1997年度
* 1996年度
* 1995年度
* 1994年度
* 1993年度
* 1992年度
* 1991年度
* 1990年度
* 1989年度
* 1988年度
* 1987年度
* 1986年度
* 1985年度
* 1984年度
* 1983年度
* 1982年度
* 1981年度
*
*

26年度の展覧会

*

リニューアル記念特別展「ねこ・猫・ネコ」

終了致しました。沢山の皆様にご来館いただき、誠にありがとうございました。

*

藤井達吉の全貌  野に咲く工芸 宙を見る絵画

  【会期】 2014年6月10日(火)~7月27日(日)
      7月8日(火)~一部展示替えを予定しています。

終了いたしました。沢山の皆様のご来館、誠にありがとうございました。
*

開催中の展覧会

*

                 いま、台湾
      -台灣美術院の作家たち-

                  
【会期】2014年8月9日(土)~9月21日(日)
                               9月2日(火)~一部展示替えを予定しています。

岡田菊惠 画業60年のあゆみ―色彩と空間
謝里法(しゃ・りほう) ≪進化論四篇≫ 2012年 アクリル・キャンバス
 本展は、「美麗島」-麗しの島といわれる台湾、今そこで多彩に繰り広げられる美術を紹介する展覧会です。
 
 台湾美術は、中国美術の伝統を継承していましたが、日本統治時代に日本式美術教育が導入西洋・日本の近代美術がもたらされたことにより大きく変貌しました。戦後は日本・欧米への留学生が多数輩出し、抽象表現主義などの欧米の現代絵画の潮流をもたらし、台湾固有の民族芸術・中国美術などを融合し、多元的な展開をしていきます。さらに、1970年代からは国際的・政治的に困難な状況下で台湾のアイデンティティを求め、新たな進展を示しています。

 台湾美術院は、台湾美術の振興と発展、国際交流を図ることを目的に王秀雄(おう・しゅうゆう)・廖修平(りょう・しゅうへい)・傅申(ふ・しん)・謝里法(しゃ・りほう)・何懐碩(かかいせき)・江明賢(こう・めいけん)・黄光男(こう・みつお)などを中心に2010年に設立されました。メンバーたちはこうした台湾美術の潮流の中で、それぞれが独自の作風を確立し、美術理論・国画・油彩画・版画・賿彩画・版画・書法・デザインなどの各分野で今日の台湾美術の先頭にたち、台湾を代表する芸術家として国際的にも高い評価を受けています。

 本展を通して、台湾美術の「いま」をご覧いただきたいと思います。
日時 2014年8月9日(土)~9月21日(日)
9月2日(火)~
一部展示替えをする予定です。
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日は午後7時(入館は午後6時30分まで)
休館日 8月11日(月)、18日(月)、25日(月)
9月1日(月)、8日(月)、16日(火)
入館料 入館料 一般500円(400円) 大学生400円(320円) 高校生・60歳以上の方250円(200円) 小中学生100円(80円)
※( )内は団体10名以上。
※毎週金曜日、渋谷区民の方は無料(在住がわかる書類をお持ちください)
※土・日曜日、祝・休日、夏休み期間は小中学生無料。
※障がいのある方(付添の方1名)は無料(手帳等お持ちください)
主催 渋谷区立松濤美術館・台灣美術院・読売新聞社・美術館連絡協議会
協賛 財団法人台灣武智紀念基金會・ライオン・清水建設・大日本印刷・損保ジャパン・日本興亜損保・日本テレビ放送網
後援 公益財団法人交流協会・行政院文化部・亜東関係協会・台北駐日経済文化代表処
講演会

終了しました

8月10日(日)午後2時~「台湾美術の今を語る」 
講師:廖修平(台灣美術院院長・版画家)
参加費無料(要入館料)
担当学芸員による
ギャラリートーク

8月23日(土)、9月6日(土)、20日(土)
各日午後2時~
参加費無料(要入館料)
台湾映画の会

NEW!
8月30日(土) 「(魔法使いのお婆さん(魔法阿媽)」
(アニメーション:日本語字幕・上映時間80分)
9月13日(土)「靴に恋する人魚(人魚朵朵)」
(日本語字幕・上映時間95分)
各日午後2時~
参加費無料(要入館料)
中国楽器による
ミュージアムコンサート

NEW!
9月7日(日)午後2時~3時頃
出演:太田久遠(二胡)李倩(揚琴)
参加費無料(要入館料)
終了しました
夏休み!親子美術館見学会&わーくしょっぷ
8月20日(水)、21日(木)各日午後2時~4時30分頃
学芸員による「いま、台湾」展の解説、文学座の俳優の皆さんによる、お話の朗読と演劇のワークショップを行います。
参加費:無料
申込対象:小学生と保護者
NEW!
台湾のお茶とお菓子
今話題の台湾名菓パイナップルケーキの名店サニーヒルズ(微熱山丘)青山店のご協力により、8月17日(日)、24日(日)、31日(日)、9月7日(日)、14日(日)、21日(日)
各日曜日の午後1時~5時まで地下2階ホールで茶菓の提供を致します。
1日限定50人、無くなり次第終了
参加費無料(要入館料)
NEW!
学芸員と歩く
松濤美術館
館内建築ツアー
8月15日(金)、9月5日(金)各日午後6時~6時30分頃
参加費無料(要入館券)
雨天の場合、見学コースが変わります。
当日1Fロビーにお集まりください。
*
傅申≪核電爆≫
紙・墨 2011年
*
林章湖≪躍魚図≫
紙本・墨画・淡彩
1990年
* 
 鐘有輝≪勁流≫
 ミクストメディア 2012年
 
*
林俊良 ≪愛・地球≫
コンピューターグラフィック
2005年

*
廖修平≪孤煙≫
アクリル・金箔・キャンバス
2007年
*
何懐碩≪空茫≫
紙本墨画淡彩
2008年
【タイトル】Twilight
お絵かきボード、はじめましたNEW


お父さん、お母さんには懐かしい砂鉄のお絵かきボードの貸し出しを始めました。
お子様との楽しい美術館鑑賞にぜひご活用ください。
ご利用希望の方は1F受付でお申しつけください。

※貸し出しは入館当日のみ、館内でのご利用をお願いします。
※数に限りがありますので、お待ちいただく場合がございます。
*

予定されている展覧会

*

  「御法(みのり)に守られし、醍醐寺」
                  
【会期】2014年10月7日(火)~11月24日(月・祝)
                                  11月5日(水)~一部展示替えを予定しています。

岡田菊惠 画業60年のあゆみ―色彩と空間
 国宝 ≪過去現在絵因果経(部分)≫

世界最古の絵巻 国宝 過去現在絵因果経 
15m36cm全場面、期間限定でいっきに初めて公開します!

全場面展示:10月7日(火)~13日(月・祝)、10月28日(火)~11月3日(月・祝)
 11月18日(火)~24日(月・祝)

前半場面展示/10月15日(水)~26日(日) 後半場面展示/ 11月5日(水)~16日(日)
 京都醍醐寺は、平安時代に創建された世界遺産の寺院で、貞観16(874)年に理源大師聖宝が京都山科の笠取山上に草庵をむすんだことにはじまり、醍醐天皇の御願寺としてその発展の礎をきずくこととなります。醍醐寺は、創建以来密教の中核寺院としての役割をになうとともに、文芸や美術工芸の後継者として日本の伝統文化の形成に多大な寄与をしてきました。
そこには、貴重な仏像、仏図をはじめとして、歴代座主の画像や江戸慈愛の屏風絵、経典類など約20万点の寺宝が蔵されています。

 本展では、釈迦の前世における善行から現世で悟りを開くまでの伝記を、経典に基づいて絵画化した奈良時代の絵巻である国宝の「過去現在絵因果経」を中心に、仏像・仏画・経典を交えて醍醐寺の聖なる姿を伝えると同時に、近世美術工芸品をあわせて展観することで文雅の後援者としての醍醐寺の魅力をご紹介いたします。

 なお、リニューアル記念の本展は、醍醐寺に伝わる名宝の数々を13年ぶりに東京で展観される貴重な機会となります。
日時 2014年10月7日(火)~11月24日(月・祝)
11月5日(水)~
一部展示替えをする予定です。
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日は午後7時(入館は午後6時30分まで)
休館日 10月14日(火)、20日(月)、27日(月)
11月4日(火)、10日(月)、17日(月)
入館料 入館料 一般1000円(800円) 大学生800円(640円) 高校生・60歳以上の方500円(400円) 小中学生100円(80円)
※( )内は団体10名以上。
※毎週金曜日、渋谷区民の方は無料(在住がわかる書類をお持ちください)
※土・日曜日、祝・休日、夏休み期間は小中学生無料。
※障がいのある方(付添の方1名)は無料(手帳等お持ちください)
主催 渋谷区立松濤美術館・総本山醍醐寺
講演会

各日午後2時~
定員80名(先着順)
参加無料(要入館券)

・10月12日(日)「作品詳解 醍醐寺本過去現在絵因果経について」
 平塚泰三(当館学芸員)

・10月13日(月・祝)「醍醐寺のあゆみ」 
 仲田順和氏(総本山醍醐寺座主)

・10月18日(土)「密教美術の粋 -醍醐寺の秘宝探訪-」 
 松本伸之氏(京都国立博物館副館長)

・11月1日(土)「醍醐寺の文化財」 
 長瀬福男氏(総本山醍醐寺広報室長)
担当学芸員による
ギャラリートーク

10月25日(土)、11月15日(土)
各日午後2時~
参加費無料(要入館料)

学芸員と歩く
松濤美術館
館内建築ツアー
10月17日(金)、11月7日(金)、21日(金)各日午後6時~6時40分頃
参加費無料(要入館券)
雨天の場合、見学コースが変わります。
当日1Fロビーにお集まりください。
このページのトップへ
*

2014年度 開館日カレンダー

開館日:●
7月
     
     
10 11 12
×
13 14 15 16 17 18 19
×
20 21 22 23 24 25 26
×
27 28 29  30    31        
× ×            
8月
              
               × ×
× × × × × ×
10 11 12 13 14 15 16
×
17 18 19 20 21 22 23
×
24/31

25 26 27 28 29 30  
× ●  
9月
    1  2    3    4   5  
     ×    ●    ●   ●   ●  
10 11 12 13
×
14 15 16 17 18 19 20
×
21 22 23 24 25 26 27
× × × × × ×
28 29 30            
× × ×            
10月
         1  
         × × × ×
10 11
× ×
12 13 14 15 16 17 18
×
19 20 21 22 23 24 25
×
26 27 28 29  30   31     
×  ●    ●     
11月
                 
                 
×
10 11 12 13 14 15
×
16 17 18 19 20 21 22
×
23/30 24 25 26 27 28 29  
●/× × × × ×   
12月
       2    3    4   5  
    ×    ×    ×    ×   ×   ×
10 11 12 13
× × × × × × ×
14 15 16 17 18 19 20
× ×
21 22 23 24 25 26 27
× ×
28 29 30 31         
×         
2015年 1月
           
             ×   × ×
10
×  ●
11 12 13 14 15 16 17
×
18 19 20 21 22 23 24
×
25 26 27 28 29  30   31  
× ×  ×    ×    ×    ×  
2月
            
     
        
          
× × × × × × ×
10 11 12 13 14
× ×
15 16 17 18 19 20 21
×
22 23 24 25 26  27   28  
× × ×  × ×  
3月
 1    2    3    4    5    6
 ●   ×  ●    ●    ●  
10 11 12 13 14
×
15 16 17 18 19 20 21
× × × × × ×
22 23 24 25 26 27 28
× × × × × × ×
29 30 31              
× ×  ×              
HOME 美術館について 教育普及プログラム ご利用案内 展覧会 刊行物 所蔵作品 事業記録 財団について リンク

渋谷区立松濤美術館 〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14 TEL : 03-3465-9421   FAX : 03-3460-6366

Copyright2010(C)THE SHOTO MUSEUM OF ART. All rights reserved.