東京都渋谷区松濤の住宅街にある白井晟一設計の美術館。

渋谷区立松濤美術館

HOME 利用案内 展覧会・イベント 教育プログラム ニューズレター 刊行物 所蔵作品 美術館について 財団について
*
* 26年度の展覧会
* 開催中の展覧会
* 予定されている展覧会
* 開館日カレンダー
* 過去の展覧会一覧
* 2014年度
* 2013年度
* 2012年度
* 2011年度
* 2010年度
* 2009年度
* 2008年度
* 2007年度
* 2006年度
* 2005年度
* 2004年度
* 2003年度
* 2002年度
* 2001年度
* 2000年度
* 1999年度
* 1998年度
* 1997年度
* 1996年度
* 1995年度
* 1994年度
* 1993年度
* 1992年度
* 1991年度
* 1990年度
* 1989年度
* 1988年度
* 1987年度
* 1986年度
* 1985年度
* 1984年度
* 1983年度
* 1982年度
* 1981年度
*
*

26年度の展覧会

*

リニューアル記念特別展「ねこ・猫・ネコ」

*

藤井達吉の全貌  野に咲く工芸 宙を見る絵画

*

  いま、台湾
-台灣美術院の作家たち‐
  

*

開催中の展覧会

*

リニューアル記念特別展
  「御法(みのり)に守られし 醍醐寺」 ←展覧会名をクリックしていただくとプレスリリースをご覧
                                             いただけます。                       
                  
                      
【会期】2014年10月7日(火)~11月24日(月・祝)
                                  11月5日(水)~一部展示替えを予定しています。

岡田菊惠 画業60年のあゆみ―色彩と空間
 国宝 ≪過去現在絵因果経(部分)≫

世界最古の絵巻 国宝 過去現在絵因果経 
15m36cm全場面、期間限定でいっきに初めて公開します!

全場面展示:10月7日(火)~13日(月・祝)、10月28日(火)~11月3日(月・祝)
 11月18日(火)~24日(月・祝)

前半場面展示/10月15日(水)~26日(日) 後半場面展示/ 11月5日(水)~16日(日)
 京都醍醐寺は、平安時代に創建された世界遺産の寺院で、貞観16(874)年に理源大師聖宝が京都山科の笠取山上に草庵をむすんだことにはじまり、醍醐天皇の御願寺としてその発展の礎をきずくこととなります。醍醐寺は、創建以来密教の中核寺院としての役割をになうとともに、文芸や美術工芸の後継者として日本の伝統文化の形成に多大な寄与をしてきました。
そこには、貴重な仏像、仏図をはじめとして、歴代座主の画像や江戸慈愛の屏風絵、経典類など約20万点の寺宝が蔵されています。
 本展では、釈迦の前世における善行から現世で悟りを開くまでの伝記を、経典に基づいて絵画化した奈良時代の絵巻である国宝の「過去現在絵因果経」を中心に、仏像・仏画・経典を交えて醍醐寺の聖なる姿を伝えると同時に、近世美術工芸品をあわせて展観することで文雅の後援者としての醍醐寺の魅力をご紹介いたします。

 なお、リニューアル記念の本展は、醍醐寺に伝わる名宝の数々を13年ぶりに東京で展観される貴重な機会となります。

 展示予定のリストはこちら
日時 2014年10月7日(火)~11月24日(月・祝)
11月5日(水)~
一部展示替えをする予定です。
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日は午後7時(入館は午後6時30分まで)
休館日 10月14日(火)、20日(月)、27日(月)
11月4日(火)、10日(月)、17日(月)
入館料 入館料 一般1000円(800円) 大学生800円(640円) 高校生・60歳以上の方500円(400円) 小中学生100円(80円)
※( )内は団体10名以上。
※毎週金曜日、渋谷区民の方は無料(在住がわかる書類をお持ちください)
※土・日曜日、祝・休日、夏休み期間は小中学生無料。
※障がいのある方(付添の方1名)は無料(手帳等お持ちください)
本展入館券の半券提示で、後期の入館料が二割引きになります。
主催 渋谷区立松濤美術館・総本山醍醐寺
講演会

各日午後2時~
定員80名(先着順)
参加無料(要入館券)

・10月12日(日)「作品詳解 醍醐寺本過去現在絵因果経について」平塚泰三(当館学芸員) 終了しました。
・10月13日(月・祝)「醍醐寺のあゆみ」 
 仲田順和氏(総本山醍醐寺座主) 終了しました。
・10月18日(土)「密教美術の粋 -醍醐寺の秘宝探訪-」 
 松本伸之氏(京都国立博物館副館長) 終了しました。

・11月1日(土)「醍醐寺の文化財」 
 長瀬福男氏(総本山醍醐寺広報室長)
【タイトル】Twilight
「御法に守られし 醍醐寺」展関連特別イベント

Ⅰ「謡(うたい)入門」締切り間近


観世流・上田公威(うえだきみたけ)氏による、素謡・装束の着付けなど、日本の古典芸能の基礎を楽しく学べるワークショップです。
日時:11月3日(月・祝)午後2時~3時30分
定員:50名 参加費:1,000円(入館料込)
【タイトル】Twilight
Ⅱ「セルゲイ・ソボレフ 夜のピアノコンサート」
NEW

ロシアのセルゲイ・ソボレフ氏による幻想曲を中心としたピアノコンサートを開催致します(評論家・百瀬喬氏による解説・インタビューもあります)
松濤美術館初の夜のコンサートです。

日時:11月23日(日)午後6時~7時30分(コンサート中及び終了後は展示会場へはお入りいただけません)
当日受付は午後4時30分~ ※午後6時までは「御法に守られし、醍醐寺」展を御鑑賞いただけます。
定員:80名 参加費:1,000円(入館料込)
演奏曲(予定):シューベルト さすらい人幻想曲、スクリャービン 幻想ソナタなど
関連イベント申込方法: 往復ハガキで①〒、住所②氏名③年齢④日中連絡のつく電話番号を明記の上、松濤美術館「謡入門」係又は「コンサート」係まで
「謡入門」は10月27日(月)必着
コンサート」は11月10日(月)必着。応募多数の場合は抽選。

※どちらも事前申込をしていただいた方が優先的にご参加いただけます。事前申込で定員満員になった場合は、当日参加はできませんので、予めご了承ください。
※招待券の利用は不可。
担当学芸員による
ギャラリートーク

10月25日(土)、11月15日(土)
各日午後2時~
参加費無料(要入館料)

学芸員と歩く
松濤美術館
館内建築ツアー
10月17日(金)、11月7日(金)、21日(金)各日午後6時~6時40分頃
参加費無料(要入館券)
雨天の場合、見学コースが変わります。
当日1Fロビーにお集まりください。
*
国宝
「過去現在絵因果経」(部分)
奈良時代 8世紀
*
重文「舞楽図屏風(左隻)」
俵屋宗達筆
江戸時代 17世紀
後期(11/5~)
*
金天目・天目台
2口1基の内
桃山時代 17世紀
【タイトル】Twilight
「御法に守られし 醍醐寺」図録発売中!

釈迦の前世と現世における業績と経文と絵で表した世界最古の絵巻といわれる国宝「「過去現在絵因果経」全て掲載した売切れ必至の図録を館内で1200円(税込)で販売しております。

遠方の方は、通信販売も行っております。通信販売につきましては、松濤美術館管理係(TEL 03-3465-9421)までお問い合わせください。
【タイトル】Twilight
お絵かきボード、はじめましたNEW


お父さん、お母さんには懐かしい砂鉄のお絵かきボードの貸し出しを始めました。
お子様との楽しい美術館鑑賞にぜひご活用ください。
ご利用希望の方は1F受付でお申しつけください。

※貸し出しは入館当日のみ、館内でのご利用をお願いします。
※数に限りがありますので、お待ちいただく場合がございます。
*

予定されている展覧会

*

 天神万華鏡 
~常盤山文庫所蔵 天神コレクションより~
 ←展覧会名をクリックしていただくとプレスリリー
                                                    スがご覧いただけます。                                  
           

                   
【会期】2014年12月9日(火)~2015年1月25(日)
                             2015年1月4日(日)~一部展示替えを予定しています。
 

 学問の神様として祭られる菅原道真の姿は古来より様々な形で表現されてきました。 本展では、昭和18年、鎌倉に実業家・菅原通済により創設された常盤山文庫のコレクションから天神に関係する絵画・版画などを出陳します。天神の縁起絵巻や菅原道真が中国に渡り、禅僧に参禅したという伝説を絵画化した「渡唐天神像」などを展観することで、菅原道真という人間が、いかに天神という存在として人々の間に広く浸透していったかという天神の諸相を紹介します。


主催 渋谷区立松濤美術館
担当学芸員による
ギャラリートーク

12月16日(火)、20日(土)、
2015年1月17日(土)各日午後2時~
参加費無料(要入館料)

学芸員と歩く
松濤美術館
館内建築ツアー
12月12日(金)、1月9日(金)、23日(金)
各日午後6時~6時40分頃
参加費無料(要入館券)
雨天の場合、見学コースが変わります。
当日1Fロビーにお集まりください。
*
役者はんじもの 中村歌右衛門の松王丸
歌川国定筆 
江戸時代
*
≪渡唐天神≫
古岳宗亘賛
室町時代 
15~16世紀
*
≪天神立像≫
三浦乾也索
明治12年(1879)
2015 松濤美術館公募展 会期:2015年2月8日(日)~22日(日)
作品搬入は2014年12月13日(土)、14日(日)各日午後1時~4時まです。
概要はこちらをクリックしてください。
応募要項は美術館・渋谷区役所・区内図書館・区内社会教育館などで配布中です。
今年から「学生優秀賞」を新設いたしました。沢山の皆様のご応募をおまちしております。

【同時開催渋谷区ゆかりの作家または大使館などの協力を得て特別展示を行います。
この会期中は入館無料です。

第33回渋谷区小中学生絵画展 会期:2015年2月28日(土)~3月15日(日)
【同時開催】渋谷区ゆかりの作家または大使館などの協力を得て、特別陳列を開催します。
【同時開催】第33回渋谷区立小・中学校特別支援学級連合展覧会(主催:渋谷区教育委員会)
この会期中は入館無料です。
このページのトップへ
*

2014年度 開館日カレンダー

開館日:●
7月
     
     
10 11 12
×
13 14 15 16 17 18 19
×
20 21 22 23 24 25 26
×
27 28 29  30    31        
× ×            
8月
              
               × ×
× × × × × ×
10 11 12 13 14 15 16
×
17 18 19 20 21 22 23
×
24/31

25 26 27 28 29 30  
× ●  
9月
    1  2    3    4   5  
     ×    ●    ●   ●   ●  
10 11 12 13
×
14 15 16 17 18 19 20
×
21 22 23 24 25 26 27
× × × × × ×
28 29 30            
× × ×            
10月
         1  
         × × × ×
10 11
× ×
12 13 14 15 16 17 18
×
19 20 21 22 23 24 25
×
26 27 28 29  30   31     
×  ●    ●     
11月
                 
                 
×
10 11 12 13 14 15
×
16 17 18 19 20 21 22
×
23/30 24 25 26 27 28 29  
●/× × × × × ×  
12月
       2    3    4   5  
    ×    ×    ×    ×   ×   ×
10 11 12 13
× ×
14 15 16 17 18 19 20
×
21 22 23 24 25 26 27
× ×
28 29 30 31         
× × ×         
2015年 1月
           
             ×   × ×
10
×  ●
11 12 13 14 15 16 17
×
18 19 20 21 22 23 24
×
25 26 27 28 29  30   31  
× ×  ×    ×    ×    ×  
2月
            
     
        
          
× × × × × × ×
10 11 12 13 14
× ×
15 16 17 18 19 20 21
×
22 23 24 25 26  27   28  
× × ×  × ×  
3月
 1    2    3    4    5    6
 ●   ×  ●    ●    ●  
10 11 12 13 14
×
15 16 17 18 19 20 21
× × × × × ×
22 23 24 25 26 27 28
× × × × × × ×
29 30 31              
× ×  ×              
HOME 美術館について 教育普及プログラム ご利用案内 展覧会 刊行物 所蔵作品 事業記録 財団について リンク

渋谷区立松濤美術館 〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14 TEL : 03-3465-9421   FAX : 03-3460-6366

Copyright2010(C)THE SHOTO MUSEUM OF ART. All rights reserved.