WHAT'S NEW ニュース&トピックス

news2018.08.11

「吉増剛造展」会期中、吉増先生が在館を予定しております!
★日程:8月12日(日)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)
    9月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)
★在館時間:午後4時~6時を予定
★在館日程は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

8月26日(日)は吉増剛造氏(詩人)、山根基世氏(フリーアナウンサー)ワークショップ 「声の力」
 9月1日(土)は吉増剛造氏(詩人)&大友良英氏(ギタリスト)によるコラボレーション
 9月8日(土)は記念対談 吉増剛造 氏(詩人) × 岡野弘彦 氏(歌人)
 終了後の在館を予定しております。

news2018.08.11

テノ詩聲ウタゴエ 詩人 吉増剛造展」が8月11日(土)より、開幕しました。吉増の各時代の代表的な詩集を柱とし、詩や写真をはじめとする作品群に加えて、関連するさまざまな表現者の作品や資料など約140点を展示することで、半世紀以上におよぶ活動を辿ります。
皆様、この機会に是非ご来館ください。

2階展示室:吉増の詩集を中心に、関わりのあった表現者の作品や資料を紹介


地下1階展示室:吉増の詩を吊るしたレタリング装飾とスライドショー

news2018.08.03

夏休み 親子美術館見学会&わーくしょっぷ『想いをつたえよう-グリーティングカード作り』の参加応募の締切は8月9日(木)としておりましたが、引き続き募集いたします!
 テノ詩聲ウタゴエ 詩人 吉増剛造展」を担当学芸員の解説を聞きながら親子で見学。その後、グリーティングカードを作ります。「ことば」「イメージ」を重ねて、本展出品作品にもある多重露光写真のようなグリーティングカードを作り身近な人に想いを伝えよう。おじいさん、おばあさん、普段会えない知り合いの方々に夏休みの思い出をことばと絵にして送ってみよう!作り方を覚えれば、誕生日やクリスマスのカードも作れるよ。
8月21日(火)、22日(水) 午後2時~(2時間程度) ※各日共に同じ内容です
*当日の入館料、参加費共に無料
*定員各回50人(保護者含む)(応募状況についてはお問い合わせください)
*対象は渋谷区在住・在学の小学生以上(保護者同伴可)
*往復はがきによる事前申込、
〒・住所・氏名・年齢(学校名・学年)・保護者の連絡先・保護者の参加人数をご記入の上、松濤美術館「夏休み 親子美術館見学会&わーくしょっぷ」係まで

news2018.08.11

「吉増剛造展」ご来館の方へのご案内
展示室は、作品保護のため、温湿度を調整しています。夏は特に寒く感じられる場合 がありますので、体温調節のしやすい服装でのご来館をおすすめいたします。

news2018.08.09

※平成30年度 子どもの工作教室は8月2日(火)で締め切りましたが、引き続き募集いたします。【終了しました】
縄文土器の写真を素材に作品をつくるワークショップです! テノ詩聲ウタゴエ 詩人 吉増剛造展」開催に因み、「言葉を、文字を刻む」をテーマとして、子どもたちが実物の縄文土器を触ったときに感じた気持ちを、言葉や色で刻み(引っ掻いて)表現します。実際に触った土器の絵に色を付けて、黒く塗ったプラスチック板をかぶせ、その表面から言葉を刻み入れます。感情を言葉にし、それを記録するという作業を通じて、詩人が詩を作る行為に共感してみましょう。
◆日 時:①8月16日(木)、②8月17日(金) 午後2時~ ※①、②共に同じ内容です
◆会 場:B2ホール
◆講 師:堀江 武史(府中工房)
◆対 象:渋谷区在住・在学の小学生以上(保護者同伴可)
◆定 員:各回20名
◆参加費:無料
申込について
◆申 込:お電話(03-3465-9421)で松濤美術館へ
①希望日 ②氏名、学年、年齢 ③保護者氏名 ④電話番号 をお伝え下さい。
●申し込み先
03-3465-9421
渋谷区立松濤美術館 子どもの工作教室係
●お申し込み注意事項 ・申し込みは参加者ご本人に限ります。重複応募は無効です。
・都合により辞退される場合は、すみやかに当館子どもの工作教室担当者までご連絡ください。(連絡先:03-3465-9421)

画像は本イベントで制作する作品例です

news2018.08.01

このたび、渋谷区立松濤美術館公式ツイッター&フェイスブック&インスタグラムを開設しました!
渋谷区立松濤美術館 公式ツイッター
渋谷区立松濤美術館 公式フェイスブック
渋谷区立松濤美術館 公式インスタグラム
展覧会情報やグッズ紹介、各種イベントのご案内など様々な情報を発信していきます。ご興味のある方はぜひ、チェックしてみてください!

exhibition2018.07.31

7月29日をもちまして「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」 は閉幕いたしました。 会期中、たいへん多くのお客様にご来館をいただき、誠にありがとうございました。 次の開館は「テノ詩聲ウタゴエ 詩人 吉増剛造展」(8月11日~9月24日)となります。 皆さまのまたのお越しをお待ちいたしております。

news2018.07.10

参加者募集中 子どもの工作教室『ココロの窓をつくろう~縄文土器をさわって~』【終了しました】
縄文土器の写真を素材に作品をつくるワークショップです! 実物の縄文土器を触ったときに感じた気持ちを、言葉や色で刻み(引っ掻いて)表現してみよう!
◆日 時:①8月16日(木)、②8月17日(金) 午後2時~ ※①、②共に同じ内容です
◆会 場:B2ホール
◆講 師:堀江 武史(府中工房)
◆対 象:渋谷区在住・在学の小学生以上(保護者同伴可)
◆定 員:各回20名
◆参加費:無料

news2018.07.10

ミュージアムショップよりお知らせ!
アンティーク・レース展 特設ショップでは展覧会でしか買えない限定のレースグッズがたくさんあります。是非お立ち寄りください。その中からおすすめをご紹介します。

出品作品をあしらった、クリアファイルやマスクケース!なかでもクリアファイルは1番人気です。

木製のかわいらしいヘアゴム。

レースをかたどったデコレーションテープ。
展覧会とともに、ショップもお楽しみください。その他、レースの縁取りのあるハンドタオルやショールなどもありますので、お気に入りのレースグッズを見つけてください!

news2018.07.05

「アンティーク・レース展」ご来館の方へのご案内
展示室は、作品保護のため、温湿度を調整しています。夏は特に寒く感じられる場合 がありますので、体温調節のしやすい服装でのご来館をおすすめいたします。