WHAT'S NEW ニュース&トピックス

news2018.12.08

「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」が12月8日(土)より、開幕しました。栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。「廃墟」は西洋美術のなかで、風景画の一角にくりかえし描かれていました。「廃墟」を愛でること、描くこと-この美学は、近代に日本の美術のなかにも伝播しました。この展覧会では、西洋古典から現代日本までの廃墟・遺跡・都市をテーマとした作品を集め、73点の作品から「廃墟の美術史」をたどります。会期中展示替えがあります。
皆様、この機会に是非ご来館ください。

news2018.11.25

11月25日をもちまして「林原美術館所蔵 大名家の能装束と能面」 は閉幕いたしました。 会期中、たいへん多くのお客様にご来館をいただき、誠にありがとうございました。 次の開館は「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」(2018年12月8日~2019年1月31日)となります。 皆さまのまたのお越しをお待ちいたしております。

news2018.11.13

本年も第37回渋谷区小中学生絵画展への作品を募集します(募集要項)。
応募される渋谷区内の小学校・中学校の先生方は、こちらより出品リストをダウンロードできますので、ご活用ください。

news2018.10.30

10月30日(火)より「林原美術館所蔵 大名家の能装束と能面」展の後期が始まりました。
重要文化財の4点を除く能装束など53点が入れ替えられ、新たに展示されています。
前期にご来館いただいた方にも、お楽しみいただける内容となっています。
展覧会会期は11月25日(日)までとなります。
皆さまのご来館を心よりお待ちしております!


地下1階展示室:一堂に並ぶ美しい能装束も、重要文化財のものを除き、一新されています


2階展示室:能面は通期で展示されています。中啓(扇)は前期とは異なる作品をご覧いただけます

news2018.10.30

11月1日は古典の日!
2008年に源氏物語1000年を記念し、「11月1日は「古典の日」と制定されました。
この機会に、日本の古典である能を、現在開催中の展覧会「林原美術館所蔵 大名家の能装束と能面」展を通して学んでみませんか? 当日ご来館のお客様には、下記の特典がございます。
◇来館者全員、入館料2割引き(割引の併用はできません)
◇ワークショップ「紋切りあそび」第二弾開催【終了しました】
折りたたんだ色紙を切り抜いて、花や動物などのいろいろな文様をつくります。 作った作品はお持ち帰りいただけます。(10月28日(日)に開催したものと同じ内容です。)
*午前11時~午後3時 1Fロビー
*無料(要入館料)
*自由参加
*材料がなくなり次第終了
*作業時間:約20分



ワークショップ「紋切りあそび」の様子(10月28日開催時)

news2018.10.27

◎ワークショップ「紋切りあそび」【終了しました】
10月28日(日)午前11時-午後3時にワークショップ「紋切りあそび」を開催します。折りたたんだ色紙を切り抜いて、花や動物などの文様をつくります。参加費無料(要入館料)で自由に参加可能!子供から大人までお楽しみいただけます!
つくった作品は、お持ち帰りいただけます。

日時:10月28日(日) 午前11時~午後3時 地下2階ホール
*無料(要入館料)
*自由参加
*材料がなくなり次第終了
*作業時間:約20分

  

news2018.10.20


◎「観世流の謡」の応募の締切は10月19日(金)としておりましたが、定員に若干の余裕があるため引き続き募集いたします。【終了しました】
出演:上田公威(観世流能楽師)
11月10日(土)午後2時~ 地下2階ホール
*無料(要入館料)
*定員80名(応募状況についてはお問い合わせください)
*往復はがきによる事前申込が必要です
〒・住所・氏名・年齢・日中連絡可能な電話番号・参加希望人数(2名まで)をご記入のうえ松濤美術館コンサート係まで

news2018.10.19

「林原美術館所蔵 大名家の能装束と能面」展の記念講演会を開催いたします。【終了しました】
町田市立博物館館長の田邉三郎助氏による講演会です。
日本仏教彫刻史を専門とし、さらに日本でも数少ない能面研究の第一人者である田邉氏ならではの、興味深いお話を伺えます。 この機会にどうぞお越しください!
当日、午後1時より地下2階ホールにて、整理券を配布いたします。
日時:2018年10月21日(日)午後2時から(約1時間30分)
演題:池田家伝来の能面
講師:田邉三郎助氏(町田市立博物館館長)
※無料(要入館料)
※定員80名(定員に達し次第、受付終了となります)

news2018.10.13

「林原美術館所蔵 大名家の能装束と能面」展の記念講演会を開催いたします。【終了しました】
本展監修者であり、共立女子大学博物館館長・家政学部教授の長崎巌氏による講演会です。
染織研究の第一人者であり、染織のみならず服飾・意匠を専門とし、その文化史を広く研究されている長崎氏ならではの、興味深いお話を伺えます。 この機会にどうぞお越しください!
当日、午後1時より地下2階ホールにて、整理券を配布いたします。
日時:2018年10月14日(日)午後2時から(約1時間30分)
演題:大名家と能装束 ―文化史的視点から―
講師:長崎巌氏(本展監修者、共立女子大学博物館館長・家政学部教授)
※無料(要入館料)
※定員80名(定員に達し次第、受付終了となります)

news2018.10.13

「林原美術館所蔵展 大名家の能装束と能面」こどものためのガイドブック
本展覧会では、展示に親しめるように、「こどものためのガイド」を作成しています。
来館した子どもたちは、美術館でこどもガイドがもらえます。ガイドと一緒にぜひ「林原美術館所蔵展 大名家の能装束と能面」 を楽しんでください。

こちらからダウンロードもできます⇒「こどものためのガイド」
(お渡ししているものは、A3両面印刷、四つ折りのものです。)
大人の方もぜひ使ってみてください!